自宅マンションを一括査定で売りました。(男性/60代)

男性/60代

大手通信会社で働いていた私は60歳を機に転職し、東京を離れ実家に戻ることにしました。

忙しい都会暮らしに疲れたのと、兼ねてからの妻の夢であった家庭菜園を実現するためです。
転職といっても務めていた通信会社の下請けの支店で、実家に近いという理由で決めました。

子供達は上の娘は結婚して二人の娘孫がいて、下の息子は最近結婚したばかりの新婚さんです。

上の娘は持ち家があり、下の息子は嫁がマンションより一軒家がいいらしく、思案中のようです。

現在、住んでいるマンションの売却をどうしようかと悩んでいたとき、
そういえばと思いだし、10年ぶりに不動産一括査定サイトをを利用してみました。

すると、昔実家を査定してくれた会社が一番高い値を付けてくれたのです。

これも何かの縁と思い、早速連絡してみると、なんと当時実家を査定してくれた担当者でした。

40代中半の彼は私のことを覚えてくれていて、「その節はいい物件を見せていただきました。
今回は自宅マンションですね。すぐも査定に参ります。」といって、後日査定に来てくれました。

査定額は簡単査定とあまり変わらない値段で、とても満足いくものでした。

なお、売買の話をしているうちに、リフォームも請け負っているそうなので、ついでに頼むことにしました。

たまに実家に帰って、掃除や庭の手入れをしているのですが、
古い家なのでリフォームは必要だなと前から感じていたからです。

退職金の半分は息子に自宅購入の資金として渡して、
残りには手をつけずマンションを売ったお金と合わせて、リフォーム代にしました

そして、引っ越し早々に耕運機を買い、毎日妻は畑仕事に精を出しています。

私も休みには手伝いますが、腰が痛くてたまりません。
ふと自分達がいなくなったら、この家も査定されるのかなと思うと少し笑えてきます。

すると、横から「何ニヤニヤしてんの、そこもっと土盛り上げて!」と妻からの声、
カタカタと耕運機の音が空に響き、セカンドライフが過ぎていきます。

人気の不動産一括査定サイトはこちら